二の腕ダイエット!このタプタプカーテンなんとかならない?

二の腕がタプタプです。二の腕ダイエットで良い方法はないのでしょうか?

私のダイエット

レコーディングダイエット体験談

投稿日:

私はレコーディングダイエットというものをやってみたことがあります。

そもそもレコーディングダイエットとは何かというと、朝から夜までその日一日食べたものを記録していくというダイエット方法です。

最初は少し面倒なように感じましたが、すぐに慣れたので苦になりませんでした。

ちなみに、私は小さいノートに記録していたのですが、携帯のアプリもあるようなので、そういったものを利用してみても良いと思います。

「食べたものを記録するだけで本当に痩せるの?」と疑問に思うかもしれませんが、意外と効果はあります。

なぜなら何日か続けていくと、思っていたよりも間食をとりすぎていたり、甘いカフェオレやジュースをたくさん飲んでいたり、自分の食生活で気を付けなければならないことが目に見えて分かるからです。

また、「最近肉料理ばかりで野菜をあんまり食べていないな」「今週はちょっと甘いものを食べすぎてしまったな」と日々の食事を見直すことができ、「今週は魚料理をメインにしよう」「朝食にサラダをプラスしよう」などバランスのとれた健康的な食事ができるようなりました。

私はレコーディングダイエットをしてから体重が減っただけでなく、バランスの良い食事をすることができるようになったので、お肌の調子も良くなりました。

やはりダイエットをするからには、ただ体重を落とすだけでなく、キレイに痩せたいですもんね。

レコーディングダイエットは無理な食事制限をすることなく、健康的に痩せることができるので、おすすめです。

お弁当持参ダイエット

昼休みは外食する毎日でした。

それでも新陳代謝が良かった若い頃なら体型も保てていましたが、年をとってから、どんどん太り出しました。

気が付けば高校時代のベスト体重から17キロも太ってしまいました。

家内は「腹ばかり太って、本当にみっともない。

一緒に歩きたくない」とまで言われました。

会社の人からも出入りの業者からも、揃って「太りましたね、顔が丸くなっちゃいましたよ」と笑われていました。

これではいかんと、夜にウォーキングしてみたり、家内と一緒にダイエットドリンクを飲むだけの夕食を試してみたりしましたが、すぐに食生活が戻ってしまいました。

無理は続かないと分かり、思い切って自分で弁当を作って持っていくようにしました。

最初はご飯と缶詰だけというシンプルなものでしたが、だんだん慣れてくると料理が楽しくなってきました。

気付けば手際もよくなっており、朝にぱぱっと2品ぐらいは作れるようになりました。

特にダイエットのことは考えていなかったのに、持参の弁当にしてから体重が落ち始めました。

今ではキャベツやホウレンソウを中心にしたお弁当になり、ますます体重が軽くなっています。

気付けばお腹周りもだいぶスッキリしました。

-私のダイエット

執筆者:

関連記事

no image

毎食水1リットルダイエット

10代、20代の頃から大食いの私はいくら食べても太らないのが自慢でしたが、30歳過ぎになり体質が変わり急に体重が増加し始めました。 ただ止まらない食欲、摂取カロリーを運動だけでは止められず、どうしても …

no image

ズボラなダイエット

高校生に入ってから、部活をしなくなりブクブク太ってしまいました。 高校卒業の頃は過去最高の体重になってしまい、このままではいけないと思いながらダイエットを決意しました。 でも、今までダイエットをしたこ …

no image

焦らず地道にこつこつと!

元々、身長が低いのに顔はでかくて丸くて、「アンバランス」「顔はでかいのに身体は細い」と言われていました。 もう慣れていることでしたし、言われ慣れていたので気にしませんでしたが、内心とても落ち込んでいま …

no image

私の続かないダイエット

常に痩せたい欲はあるものの、なかなか続きません。 今までランニング、トレーニングジム、食事改善、置き換えダイエットと様々な方法を行ってきました。 どれも長続きはしなかったものの、少しは痩せましたが、目 …